問わず語り!


by xfrou_froux
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

No.427 エアプランツにお願い!その後 おかわり6をアップしました

◆書庫-Aに「エアプランツにお願い!その後」おかわり6「ハーベスト・シーズン」をアップしました。

 2015年秋を舞台とした話です。
 これにてエアプランツのシリーズはおしまいとします。
 愛読してくださったかた、応援してくださったかた、本当にありがとうございました!

 以下、裏話が延々続きます。ネタばれだらけです。
 自作語りはいらないかたはスルーしてください。



 はじめて書いたBLでした。最初は、2006年編の第1話だけ書いてアップしたのですが、続きが書けそうなのでそのまま続けました。第11話でいったん止まりましたが、「続きが読みたい」というお声をいただいたので、1年くらいのブランクを経て、番外編を皮切りに復活することができました。ありがとうございます。
 2006年編の縛りは、サブタイトルの語尾をすべて「い」で終わらせることで、はじめのころは「い!」だったのですが、並べていくと見た目うっとうしいので「い。」にしました。
 恋愛小説に頻出するはずの言葉「好き」「愛してる」「キス」などを使わないというのもマイルールでした。BLというか恋愛小説を書いたことなくて、こういう言葉を抜いてどこまで表現できるのかな、という実験がしたかったのです。ふだんBLを読まないかたでも気軽に読めるものにしたくて、あまり甘い内容にしたくなかったという思惑もあったかと。
 それから、恋愛小説は人がくっつくか離れるかを書くのが多いと聞き、どちらでもないのを書きたいと思ったため、あいまいなまま終えています。
 どこにでもいそうなキャラにする、というのも心がけました。公葵は、みなさんが可愛いとおっしゃってくださるので、想定以上に可愛くなってしまいました。書き始める前は一人称「僕」にしようかとちらりと思ったんですが、その前に書いていた話が「僕」のキャラが主役だったので「俺」にしました。「僕」だったら、もう少し公葵の性格も変わったのかな。
 2006年編で終わりにするつもりでしたが、これまたありがたいことに「続きが読みたい」とおっしゃっていただいたため、2008年編を書きました。方向性を固めないままはじめたので、序盤はぶれていますね。
 サブタイトルをこちらはしりとりにしたので、けっこう苦しかったです。
「好き」と言わせる場面を溜めに溜めたので、いつどちらから告白させようか、ちょっと悩みどころではありました。
 最後のほうでは一度きっちりと別れさせ、おつきあいを解消させてからの、再会という流れにするつもりだったのですが、例によってあいまいなままの関係だったのでそこまでに至らず。

 エアプランツの2006年編のそもそもの冒頭は、「誕生日にまったくうれしくないものをもらった子の話」という場面が頭のなかにすとんと落ちてきて生まれました。構想5分くらいでさらっと書きました。
 その当時たまたま見つけたサイトさんで読んだBLがとてもよくて、そういう話が作れたらなと思いました。それは、年下と年上の立場が逆転するカップルの話でした。年下が年上に翻弄されているようで、実は年上のほうが年下にリードされるようになる、というような話が自分でも書きたくなって。エアプランツのふたりが7歳ちがいなのは、上下関係をひっくり返すことができそうかなと考えた結果です。受攻の役割配分も最初から決めていました。2006年編ではディープな関係にならなかったので裏設定として表に出さないはずでしたが、せっかく2008年編を書くのであればと、初期に構想していたところまで出してしまうことにしました。
 もう9年ほども前に考えた地点からそう遠くない場所に着地できて、我ながら意外です。このオチ(?)に賛否はあるかもしれませんが……。BL読みさんから石投げられたりしませんかね。

 いただいたメッセージを読むと、ふたりの仲はあやふやなまま続いてほしいという声も、しっかりらぶらぶするようになってほしいという声もありましたが、作者としてもどちらにしようか迷ったところがあります。
 おかわり6ではあのようなかたちにしましたが、今後も大差ない感じで関係が続いていくんじゃないでしょうかね。
 ドラマチックさのない、だらだらゆるゆるとした、日常っぽい話を目指したので、読んだかたが少しほんわかしてくだされば幸いです。古いギャグや格闘技ネタなど、マニアックなものも趣味で盛りこんでしまってすみません。
 ほんとうに、みなさんのお声で続けられた話だったなと改めて感謝しています。
 Windowsが壊れてMacに換えたらホームページ・ビルダーが使えなくなった、設定が変わってアップロードができなくなってしまった、生活が忙しくなりすぎたなど、連載が中断した理由はあるのですが、ともあれ長いこと休んでしまったのは申し訳なかったです。書くのがいやになったとか飽きたとか興味なくしたとか、そういうことは今までないですしこれからもおそらくなさそうなので、何かありましたらお気軽にメッセージいただければうれしいです。
[PR]
by xfrou_froux | 2015-11-08 23:08