かきこみお気軽にどうぞ☆ネタバレになるコメントは非公開でいただけるとうれしいです

by xfrou_froux

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 7/31、00:00頃メールをくださった方、どうもありがとうございました!
 うれしさのあまり、悲鳴を上げて座椅子ごとひっくりかえりそうになりました。
 というよりも、お待たせして申し訳ありません!
 恐縮して身長がすさまじくちぢんでます。平身低頭をとおりこして五体投地です。
「うふふふ。貴方は虫よ。ちっぽけで哀れな虫なんですわ」
 高笑いとともに踏みにじられそうです。
 黒いのお好きでよかったです。さらなるどす黒さをめざそうと決意を新たにしました! ……だ、駄目でしょうか?
 スイートなものがどうにも書けないので、どうかどうかここはひとつビターとブラック(とお笑い)で勘弁してくださいませ。
 他の作品も読んでくださっているのですね。
 もしやこのコンテンツまでも……?
 ひたすら感涙、感涙です。
 そのお言葉が活力です。がんばります!
 また遊びにいらしてくださいね。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-31 05:39 | Comments(0)

No.87 恋愛は戦争だ!

「大恋愛をする方法」の第七章ができました。
 おまたせしてすみません。なんとか七月中に公開達成です。ぎりぎりだけど。
 続きを楽しみに待ってくださったあなたにつつしんで捧げます。
「エアプランツにお願い!」は、男ばかり登場するむさくるしい話なので、「大恋愛をする方法」に久々に着手して、「わー女の子だ!」と興奮しました。
「エアプラ」とちがって、かっこいい男子も出てきますし。
 一服の清涼剤に……なるのかなあ。なりませんね。「大恋愛」は「エアプラ」より絶対に腹黒濃度高いです。

 どうして恋愛っぽい話を正面切って書こうとすると、バトルになっちゃうんだろう。真っ向からでなければバトルにならないですむのですが、たぶん。
 恋愛ものをめったに読まないから、そこに敗因があるのでしょうか。
 分不相応なものを書くなということでしょうか。
 それとも、恋愛よりも友愛のほうがはるかに純粋だという作者の考えの表れでしょうか。
 もともと「大恋愛」はバトルの物語として書く予定だったから、後から作った「エアプラ」がいけないんです。
(くそう、またかぶった……「You've Got Friends」もだったし。すぐにアイディアが枯渇するおのれの頭が憎い!)
「大恋愛」は頭がいい子たち、「エアプラ」はお馬鹿な子たちががんばる話なので、そのあたりで差異化をはかっていきたい……。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-30 16:49 | Comments(0)
「エアプランツにお願い!」が、敵が次々現れる週刊少年ジャンプの漫画みたいなことになってきました。
 ジャンプの三原則といわれる努力・勝利・友情はあるのかどうか。
 ないです。きっぱり。
 この作品を読んでくださっているのは、女性の方が多いと思うのですが、バトル系漫画や格闘技のねたが多いって我ながらどうなのかと頭を抱えています。
 なにより色気に乏しすぎる。
 まだ終わりそうにない気配なので、どうにか軌道修正します……。
(むしろ「男性も楽しく読めるBL」をめざそうかという気も起きたり起きなかったり)
 お嫌でなければ今しばらくおつきあいくださるとうれしいです。

 ところで。
「ロンリーウルフにお願い」の中に超絶赤っ恥な脱字がありました。
 ご覧になってしまった方いらっしゃいますでしょうか。
 発見した瞬間、あまりの衝撃に口から何かが出るかと思いました。
 なんだこれはと思った方、すみません。
 これだから、チェックは欠かせないです。
 公開した後、かなり何度も読み返したりあちこちいじったりしています。
 解析をつけていないのは、もしつけたら自分の遍歴ばかりが延々記録される結果になるとわかっているからです。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-29 22:52 | Comments(0)
「エアプランツにお願い!」を気に入ってくださるかたの存在を新たに知りまして、ほんとにびっくりしてます。
 つたないお話を読んでくださりありがとうございます!
 遊び心でなんとなく書いたのに。
 一話で終わるつもりだったのに。
 その一話なんて「これは本当にBLなのか?」ていう話なのに。
 しかも構想ゼロ秒で一気に書いたものだったのに。
「エアプランツ」の前に連載していた「You've Got Friends」がハイペースだったので、「次からはこんなにはやく書けない、じゃあ場つなぎにこれでも」という気持ちで公開したのに。
 この作品、もうちょっと大事にしてやらないといけませんね……。
 リアルタイムから遅れてきてしまったので、はやく書かねば。
 主人公の誕生日である一話目は、カレンダーで計算したら七月八日ですね。もろリアルタイムの現代ものって初めてなのですが、こういう焦りがあるとは知りませんでした。週刊少年誌の漫画家さんもこんな心境なのかなあ。
 参加させていただいている同盟の企画である怪談は推敲は残っているものの書き終えたので、「エアプランツ」と「大恋愛をする方法」の方に本腰入れていこうと思います。
 今月中に「大恋愛」の第七章を公開するつもりだったのに、大幅に遅れてるよう。わーんごめんなさい~。今後は、連載は一本に絞ることにします。
 怪談は、「こういうスタイルで書くのはひさびさだなー」という楽しさがありました。来月の二十一日に「物書き交流同盟」の方にて発表されるとのことです。
 もしよろしかったらそちらも目を通してくださるとうれしいです。そのときには当館でも告知しますので! ちなみに全然怖くないです。おまけに趣味まるだしです。怪談じゃないですな。
 と、今確認して気づいたのですが。
 この同盟に参加した日付、今年の七月八日……ぐは。
 あまり記念日とか気にする性格ではないのですが、重なってるのはびみょう。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-25 01:35 | Comments(0)

No.84 恋愛!

「エアプランツにお願い!」という作品を、サーチエンジン「恋愛遊牧民」さまに登録させていただきました。
 まさか自分の作品を恋愛小説専門サーチに登録できる日がやってこようとは思いませんでした。
 他の作品は恋愛要素皆無とまではいかなくとも、あまりメインじゃないですし。
「エアプランツ」は、サーチエンジン「カオスパラダイス」さまにも載せていただいていますが、「総天然色桜少年」という作品も先に出させていただいています。(お世話になってます。)
 恋愛もの専門となるとまた別のときめきがありますねえ。
 うれしさのあまり何度も「恋愛遊牧民」さまのところで自分の作品が載ってるのを確認してしまっております。19日の夜に登録されたにもかかわらず、いまだに。
 そちらから来てくださっている方もいらっしゃるようで、どうもありがとうございます。
 とここに書いてもお読みになっていらっしゃらないと思うのですが、お礼を言わせてください。
 おいでくださってうれしいです~!
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-21 20:53 | Comments(2)
「エアプランツ」シリーズにはしばしばギャグが登場しますが、はたしてわかってくださる方がどのくらいいらっしゃるのかと。
 ふと心もとなくなりました。
 サンボといえばちびくろよりも格闘技! な作者ですみません。
「待てよサンボと聞くとちびくろをイメージする人の方が多いのか?」ということにだいぶ後になってからやっと気づいて、その部分を補足しました。
 巻末にギャグ解説をつけた方がいいのかもしれないがどうでしょう……
 のこぎりのあれもご存じない方いらっしゃるんでしょうなあ。

 仮に彼らがじゅうはちきんな展開になったとして。
 えっちシーンにおいてものこぎりのあれをやりそうなキャラでいやです。
 すっぽんぽんで。
 思い浮かべたら笑い半分ブルー半分な気持ちになりました。

 あのー。色気ってどこに売ってるんですか?
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-19 23:45 | Comments(2)
「エアプランツ」シリーズのタイトル、少し変えました。
 語尾の「!」を取っただけなんですけどね。
 話の数が増えていくにつれてずらりと並ぶ「!」が猛烈にうざったくなってきたのでばっさり切除です。
 そういえば一話だけで終わらそうと思っていたから何の気もなく「!」をつけてしまったんでした。
 計画性のなさが浮き彫りに。
 とりあえず「!」がついているのはシリーズタイトルのみということにします。
 ややこしいですな。

 うすうすかんづいていたことでありますが、主人公のギャグセンス古いですよね。
 オヤジギャグだったり、昔のことに詳しかったり。
 ほんとにぴちぴちの十代か君は。最近テレビを見てないのか。
 そういう疑問もごもっとも。
 だから誕生日を祝ってくれる友達がいなくて学校でも浮いてるんです。
 だから小学生のときからお侍さんイメージなんです。
 いや今取ってつけてみただけですけどね、この設定は(でも信憑性ありそう)。
 あーそうそう、末っ子気質だそうだから、うんと年上の人たちばかりに囲まれて育ったんです、だからこんな子になったんですよたぶん(適当)。

 今月中になんとか「大恋愛をする方法」の第七章を公開します。
 長さを「エアプランツ」に抜かれたのでちょっとあせってます。
 あとひとつ、参加させていただいとります同盟の企画で怪談(になりきれないと思いますが)を書いていますので、今三つ並行して話を考えております。
 あとふたり自分がほしいです(PCが一台しかないから無駄)。

 蛇足。
 現在当館はIBM「ホームページビルダー」のV6で作成しています。右クリックで「ソースの表示」を見ると一目瞭然ですね。
 ひょっとしたら10が手に入りそうなんですが、どうでしょう、ずいぶんちがうのかな。
 10にデータをそっくり移すの面倒かもしれないなあ(ファイル数が200以上もある……ぶるぶる)。
 自分でタグ打ちしてることが多いから、あんまり変わんないのかなあ。デザインはほとんどスタイルシートですがだいたい手打ちですしねえ。ううむ。
 なんてことをちょっと考えております。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-18 21:30 | Comments(0)
 流行というよりもすでに定着してしまった感のある、同盟やウェブリング。
 しかしうちはどこに入っていいのかわからない!
 ジャンルがどこにも当てはまらない!
 かといって「オリジナル創作」というくくりの同盟やリングに入るのは漠然としすぎている上に、参加者が多すぎて埋もれそう。しかもたくさんありすぎてどれに入ればいいのか迷う!
 検索サーチエンジンに登録したいがどのジャンルに入れればいいのかわからない!
 で結局あいまいなジャンルに入れる羽目になる。本当は微妙にちがうのに!

 お子様に読ませたくないような要素がまじっているから、全年齢向けにするのは抵抗がある。
 でもえっちシーンがメインじゃないから、年齢制限を設けるのはいやだ(えっちを期待して読む人をがっかりさせちゃう)。
 そんな、健全と不健全のあわいをただようテキスト。

 同性どうしの愛情が入っているから、注意書きをせざるをえない。
 でもいわゆるJUNE・BL・GLでもないから、そういうカテゴリに入れられない。
 そんな、同性どうしの愛情ものを読みたい人も読みたくない人もはじいてしまうテキスト。

 文学というには軽く読める。
 ライトノベルというにはちょっとちがう。
 そんな、どっちつかずのあるいはどちらの長所も取り入れているテキスト。

 小説家某氏の世界を意識して書いたりする。
 でも某氏の世界そのままを自作で再現しないスタンスのため誰からも気づいてもらえず仲間ができない。
 そんな、同好の士を発見しづらいテキスト。

 まるっきりの異世界を舞台にしている物語ではないから、ファンタジーには入れられない。
 でも、かすかにファンタジー要素が入っていたり、昭和や20世紀の話だったりするので現代ものというのも無理がある。
 そんな、「もうジャンルはコメディかシリアスかだけでいいや」とやけを起こさせるテキスト。

 容姿端麗なキャラクターを登場させることが多い。
 でも、「萌え」にくくられるのはちょっと違和感がある。
 そんな、実は文学を目指しているのにこちらの方が通りがいいかと「萌え」に誘惑されてしまうテキスト(萌えを否定しているわけではございませんので、誤解なさらぬよう)。

 はっきりと恋愛ものをメインに据えているわけではない。
 でもその要素がまるきりないともいえない。
 そんな、恋愛小説のカテゴリに入れるべきか入れざるべきか困るテキスト。

 少しでも共感をお持ちになったあなた。
「そんなテキストを書いている」と悩んでいる、または誇りを持っているあなた。
 お仲間になりませんか?

*****
 なんていう同盟やウェブリングがあったら、どなたか参加者してくださるでしょうか。
 すでにあるかなと思って探したけれど発見できませんでした(ご存じの方いらしたら教えてください! ちなみに、賛同できるスタンスのものがひとつ見つかったのですが、当館の作風では参加できないところでした)。
 上記のケースはすべて私のことです、はい。少し誇張がまじってますが。
 友人に「自分が入れる同盟やリングがない」ともらしたら、「自分で作って仲間を集めればよいのでは」と回答されました。
 でもネット界のひきこもりたる私にできるかどうか。
 そもそも共感を持ってくださる方がいらっしゃるかどうか。
 ひっそりと、バナーをはるだけでOKの、名簿も掲示板もない同盟を立ち上げてみようかな。
 そうすると賛同者がいらっしゃるのかわからないですね。そういう狭間で活動していらっしゃる方のテキストを読みたいのに……
 うーむ。どうしようかな。と考える今日このごろなのです。
 それにしても、うちってそんなにニッチか? そうなのか? しょぼーん。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-17 22:48 | Comments(2)
「エアプランツ」のシリーズ。
 楽しんでくださっているかたがいらっしゃるということで、調子に乗ってどんどん書いてしまってます。
 こうしたお声を頂戴すると如実にモチベーションが上がります。
 ありがたいことです。
 足向けて寝られません。

 今回の「ファニーダック」はちょっと長めになったので三つに区切りました。
「エアプランツ」シリーズはいつも区切りのポイントは量です。
 スクロールバーの長さがなるべく同じくらいになるところで切っています。(できてない回もありますが。)
 場面で切っているのではないので、話がわかりづらかったらすみません。

 それにしても。どんどんえち度が上がってる!
 いったいどこまで行くんだろうなあ、このふたりは。
 彼が墓穴を掘りまくるかぎり進んでいくやもしれません。
 毎度のことながら、ストレートな表現がないです。
 どこまでそういう言葉を使わないですませられるかなあ。
 もやもやした初々しいもどかしさをお楽しみください。
 もっと濃いのが読みたいんだー! というかたには申し訳ないです。ぺこぺこ。

 このふたりは、今までの作品の中でいちばんお馬鹿なキャラクターだと思います。
 お馬鹿って書いてて楽しいものですね。
 特に片方は念願のへたれキャラでもあるので、うれしいです。
 いじめたいなあ。
 自分のキャラクターに対してはけっこうサディスティックなんです、実は。
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-13 23:59 | Comments(2)
 そろそろやめようと思ってたのに、また「エアプランツ」のほうに手をつけてしまいました。
 おのれ作者をも惑わすにっくき小悪魔め! 
「『大恋愛をする方法』まだ?」というかたは呪ってください。あの小悪魔めを。

 とはいえ、「大恋愛」もちょっとずつ書いています。許してください。
 自分の中でテンションの調整がうまくいってないみたいです。
 三か月も連続してずっと、「大切なキミのためならボクは喜んで運命の前に身を投げ出せる!」という辛気臭い真面目なお話を書いてきた後に、いきなり俺様なサラリーマンの視点でコメディ小説をひねり出すというのはなかなかにファニーです。

 昨日は、「物書き交流同盟」という同盟のお仲間に入れていただきました。
 非常にどきどきしています。
 恥ずかしくないようちゃんといい作品を作っていきたいなと痛感しました。

 なのに今書いているのが「アレ」なことに少しく凹むわたくし。

 余談ですが「そうし」というのは、作者の親戚と同名です。漢字はまったくちがいますが。彼が生まれたときに「珍しい名前だなあ」と思いましたが、十数年たった今でも立派にレアな気がする漢字の取り合わせです。
 一度しか会ったことないけど元気かな? と呼びかけたところで、こんなところ見てないよね。むしろ見られたら困るよ。

 アンケートは終わらせていただきました。ご協力してくださったかた、どうもありがとうございました!
[PR]
by xfrou_froux | 2006-07-09 17:35 | Comments(0)